デザインハウスエフのロゴ
Works
「自分たちらしく暮らす」を叶えた夫婦のお家
「自分たちらしく暮らす」を叶えた夫婦のお家

ご夫婦の共通の趣味はヒップホップにスニーカーのコレクション。

アメリカンハウスに住みたいと、そう思うのはごく自然なことだったと振り返る。

爽やかなラップサイディングに、さらさらと掛かるヤシの木が作り出す木陰。

素肌のようなやさしくあたたかな無垢の木が広がるリビング。

天窓から注ぐ光でいつでも明るいカバードポーチ。

心地良さは大前提。

けれども、「楽しむ」は忘れずに。

毎日を豊かにするポイントって、実は遊び心を忘れないことだったり。

 

★このお家が出来るまで【施工過程公開中】

 

No.606 T様邸
エリア 川越市
間取り 2LDK+W+SCL
ご家族 ご夫婦
価格帯
建物本体価格・税別
1000万円台
「やっぱり吹抜けが欲しい」が叶ったLDK
実は当初、プランにはなかったリビングの吹抜け。
途中で追加変更を依頼したことだし、おまけ程度にしかならないかな?という不安があるも、出来上がりにびっくり。
想像以上の開放感と心地よさで、満足度も200%!
外構向けのフェンスを室内に採用した、とびきりクールなアクセントにも注目。
High
light
収納スペースだけじゃ収まらない!コレクションを楽しむ空間
ゆったり広々シューズクローゼットには、お気に入りのスニーカーコレクションがずらり。
DIYでも人気のOSB合板は、どんなアイテムだってオシャレに引き立てるスペシャリスト。
スカイブルーが差し色としても活躍する、ハンドメイドのテキサスドアを添えて。
High
light
コスト調整も忘れずに、賢くしっかり
つややかタイルを使った、ハンドメイドキャビネット。
もちろんキッチンも全部フルオーダーに……といきたいところだけれども、ここで一旦ブレーキ。
システムキッチンは既製品を選んで、扉だけキャビネットとお揃いに作り変え。
カスタムメイドの採用で、コストはきっちりダウン。
High
light